アウトドアとランクル・時々、仕事

日常をちょっとだけ楽しくおしゃれに。

MENU

【カーサイドオーニング】車に取り付けるカーサイドオーニング(タープ)は便利! 

車のルーフサイドからタープをクルクルっと引っ張り出して、ポールをセットしたら日除け(雨除け)の完成。簡単に設営できることがカーサイドオーニングのいいところです。今回は、カーサイドオーニングをランクルに取り付けてから5年ぐらい使ってきた感想を書いていきます。

f:id:gla22:20210408215440p:plain

カーサイドオーニングとは

ルーフラックに取り付けるタープ。収納部分のファスナーをあけて、中にあるタープ(布)をクルクルっと引っ張り出してポールを立てたら、日除け(雨除け)が簡単に完成するアイテム。ディキャンプや雨の日キャンプなど、あっという間にタープ設営できることが一番の魅力です。また、設営は一人でもできるので、設営でケンカすることもありません。

f:id:gla22:20210408183032j:image f:id:gla22:20210408183006j:image

f:id:gla22:20210408183021j:image

f:id:gla22:20210408183017j:image

カーサイドタープとの違い

カーサイドタープはポールで組み立てたタープを吸盤などで車体に取り付けて使用するタイプで、車の左右だけでなく、後ろ側にも取り付けることができます。カーサイドオーニングに比べて価格は安いですが、通常のタープを設営するのと同じくらい手間がかかります。

f:id:gla22:20210408220029j:image

ogawa(オガワ) アウトドア キャンプ タープ カーサイドタープAL-2 ダークブラウン 2334

カーサイドオーニングの注意点

カーサイドオーニングは車体に取り付けられているので、設営後は車の移動ができません。また、カーサイドオーニングを取り付けた側にしか日陰を作ることができません。「何時ごろの太陽の位置に対して日陰を作りたいか」をよく考えてから、車を止める場所を決定してください。

f:id:gla22:20210408183009j:image

また、カーサイドオーニングは風に弱いので、必ずガイロープを張って固定しておかないといけません。突風でカーサイドオーニングが飛ばされると、車を傷つけたり、最悪、ウィンドウガラスが割れてしまいます。

使ってみた感想

12時チェックインのキャンプ場では、到着後、すぐにカーサイドオーニングを設営し、椅子とテーブルだけ出してひとまずお弁当を食べるということができます。撤収時も最後までカーサイドオーニングを広げておいて、休憩スペースを残しておくこともできます。ディキャンプなら、カーサイドオーニングだけで居住スペースは十分です。
f:id:gla22:20210408183003j:image
f:id:gla22:20210408182955j:image

gla-22-fit.hatenablog.com

蚊帳やサイドを隠す横幕などを使って、より快適な居住スペースを作ることも可能。

f:id:gla22:20210408183024j:image
f:id:gla22:20210408183013j:image
f:id:gla22:20210408183035j:image

まとめ

キャンプでは設営に時間がかかってしまうと、夜ごはんや焚火などの楽しい時間が無くなってしまいます。簡単に設営できるカーサイドオーニングを使うことで設営時間を短縮することができます。また、設営、撤収は一人でできるので、ケンカが減ります。

gla-22-fit.hatenablog.com

gla-22-fit.hatenablog.com