アウトドアとランクル・時々、仕事

日常をちょっとだけ楽しくおしゃれに。

MENU

【初心者でも楽しめる!】4WD車で楽しむオフロードコース3選

悪路走行可能な4WD車。4WD車を所有していても「悪路」を走行することはほとんどないという人が多いと思います。また、日常生活で悪路と出会うことはほとんどないですし、東京に住んでいると未舗装路をみることもまず無いと思います。4WD車は災害に強いと車と言われますが、悪路走行の経験もなく、災害時にいきなり凸凹になった道や冠水路を安全に走行することは難しいです。 今回はオフロードコースの走行初心者の方向けに、楽しんで悪路走行を経験でき、4WD車の性能を体感できるオフロードコースを紹介していきます。

f:id:gla22:20210315215531p:plain

さなげアドベンチャーフィールド(愛知県豊田市)

愛知県豊田市にある4WD車で走行できるオフロードコース。BBQ施設やディキャンプ場を備えた総合アウトドア施設です。

f:id:gla22:20210315211930j:image

住所

愛知県豊田市伊保町向山16番地1

アクセス

東京から5時間程度かかります。

東名高速三好ICから20分程度。

「こんな街中に?」と思うようなところにあります。

HP

https://www.lc-saf.co.jp/

料金

 平日1日利用:6,000円

休日(土・日・祝日)1日利用:7,000円

※ビジター料金です。詳細はHPを確認ください。

https://www.lc-saf.co.jp/course/

特徴

初心者でも楽しめる

持ち込み車両でのオフロードコース走行だけでなく、レンタル車両でのオフロードコース走行、インストラクターの運転で場内を1周してくれる遊覧走行体験と初めてのオフロードコースでも安心して楽しめるメニューがたくさんあります。オフロードコースも初級、中級、上級と分かれているので自分のレベルに合わせて楽しむことができます。

初心者だけで遊びに行っても、インストラクターの運転する車に同乗できる遊覧走行でオフロードコースの状況や走り方がわかるので大丈夫です。また、インストラクターが常駐しているのでスタックや走行不能時もレスキューしてくれます。ただし、施設外のイベント対応等でレスキュー対応できるスタッフが不在の場合があるので、事前に問い合わせしてください。

オフロードコースの写真

f:id:gla22:20210315212621j:image
f:id:gla22:20210315212632j:image
f:id:gla22:20210315212629j:image
f:id:gla22:20210315212624j:imagef:id:gla22:20210315212635j:image

f:id:gla22:20210315213941j:image

f:id:gla22:20210315213945j:image

f:id:gla22:20210315213900j:plain

初心者でも楽しめる!おススメ度

★★★★☆

東京から遠いことがネックですが、整備されたコース、インストラクターが常駐していること、緊急時のレスキュー体制等初心者にもやさしい、おすすめのオフロードコースです。

※インストラクターやレスキュー対応できるスタッフが不在の場合もありますので、事前に確認をお願いします。

富士ヶ嶺オフロード(山梨県)

山梨県にある有名なオフロードコースです。初心者から上級者まで楽しめる様々なコースがあります。またキャンプも可能ですので、オフロードコース走行+キャンプという楽しみ方もできます。

f:id:gla22:20210419085921j:image

 

住所

山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺466

アクセス

東京から3時間程度

中央道河口湖ICから30分程度

HP

http://fujigane-offroad.com/

料金

車1台:4,000円(同乗者・入場者1名500円)

キャンプ1名:1,000円

※詳細はHPを確認ください。

http://fujigane-offroad.com/

特徴

初心者からのステップアップ

24,000坪の広大な敷地に様々な形状のオフロードコースがあります。オフロードコース走行の経験がない初心者でも楽しめるコースはたくさんあります。

オフロードコース走行をするには、車をカスタマイズする必要があるという話を聞きますが、ノーマル車でも走行可能なコースと走行ラインをきちんと選択すれば問題なくオフロードコース走行を楽しむことができます。

モーグルコース

凸凹のコブが互い違いに連続で並んでいるオフロードコース。

f:id:gla22:20210315213934j:image

走行するラインによって、タイヤの接地状態が変わることを体感できます。

  • 4輪接地:進む
  • 3輪接地:進む
  • 前後対角で設置:進まない(対角スタック)

凸凹路でも安全に車を走らせるにはどのように車を走らせたらいいのかを勉強できます。

 

バケツ(大きな穴)

トランスファー(副変速機)のレバーを4L(4WD-Low)に入れて、強烈なエンジンブレーキをきかせて急坂を下りていきます。

 f:id:gla22:20210315213924j:image

「えっ、こんなところ下れるの?」と思いますが、ノーマル車でも行けます。

 

ヒルクライム

長く急な登り坂です。

 f:id:gla22:20210315213928j:image

ここもノーマル車で登れます。勢いをつけるのではなく、車が持つ基本性能でゆっくり登ることが大事。

 

富士ヶ嶺オフロードコースはノーマル車で走行可能なコースがたくさんあります。ただし、富士ヶ嶺オフロードコースには常駐のインストラクターやレスキューをしてくれる常駐スタッフはいません。初心者のみでの単独利用ではなく、経験者と同行し、アドバイスをもらいながらオフロードコース走行を楽しむのがいいと思います。

キャンプもできる

オフロードコース内でキャンプも可能です。地面は固いので頑丈なペグを用意してください。水場、トイレもあります。

オフロードコースの写真

f:id:gla22:20210315213913j:image

f:id:gla22:20210315213905j:image f:id:gla22:20210315213920j:image

f:id:gla22:20210315213937j:image

f:id:gla22:20210315213909j:image

f:id:gla22:20210315213917j:image

 

初心者でも楽しめる!おススメ度

★★★☆☆

初心者から上級者まで楽しめる広大なオフロードコースです。

ただ、常駐インストラクターがいませんし、レスキュー対応もしてくれませんので、初心者単独で遊ぶことは危険です。必ず経験者に同行してもらう必要があります。

 

アウトドアパークブロンコ(埼玉県秩父郡)

埼玉県秩父にあるオフロードコースです。約1.5㎞の林道(通称「ブロンコ道」)を登らないと管理棟にはたどり着けません。 このブロンコ道は舗装された道路ではなく、凸凹の山道で、トランスファーを4L(4WD-Low)に入れて登っていきます。ブロンコ道だけでオフロードコース走行は十分という人もいるぐらいの険しい道です。

f:id:gla22:20210315213948j:image住所

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬

アクセス

東京から2時間30分程度でブロンコ道の入り口

関越自動車道花園ICから約25㎞でブロンコ道の入り口

※GoogleMapsで「アウトドアパークブロンコ入口」で検索すると出てきます。

HP

https://www.bronco4x4.net/

料金

入場料:500円/人

損害保険料:250円/人

コース利用料:3,500円/台

非走行車駐車料:1,000円/台

※下見、見学でも入場料、保険料必要です。

1day走行+キャンプ:5,000円/1台/1人

2day走行+キャンプ:7,000円/1台/1人

※人数追加は大人1人1,000円/中人500円

※詳細はHPを確認ください。

https://www.bronco4x4.net/blank

特徴

初心者だけでは危険なブロンコ道

ブロンコ道入り口から管理棟までの約1.5㎞の林道は、石や木が転がっていて、車1台が通れるほどの道幅で、すぐ横は崖になってます。管理棟に着いたらもう十分という人がいるぐらい険しい道です。初心者は前後を経験者に挟んでもらって登っていくのがいいと思います。ブロンコ道は四駆のノーマル車でトランスファー4Lで登ることはできますが、途中で引き返すことはできないので、経験者と一緒に行くのが無難です。

初心者には少し難しいコース設定

初心者やノーマル車でも走行可能なコースもありますが、全体的に中・上級者向けのオフロードコースです。初心者は無理せずに外周路を中心に走行できるコースで楽しむことをおすすめします。経験者(上級者)の指導や誘導があれば、上級コース以外の大部分を走行できると思いますのでオフロード走行のレベルアップになると思います。

キャンプもできる。でも水場は無い。

キャンプもできますが、水場は無いです。(トイレはあります。)飲み水やキャンプで使用する水は自分で持っていく必要があります。山を下って買い物に行くということもできませんので、本格的なサバイバルアウトドアを経験することができます。

オフロードコースの写真
f:id:gla22:20210315214011j:image

f:id:gla22:20210315215059j:plain

f:id:gla22:20210315214018j:image

初心者でも楽しめる!おススメ度

★★☆☆☆

初心者だけで行くことをおススメできないので、★2個です。でも、四駆に乗っているうちに、1度は行っておきたいオフロードコースのひとつです。管理人さんも四駆業界の超有名人です。

まとめ

紹介したオフロードコース以外にもオフロードコース走行ができる場所はたくさんあります。初心者だけでは難しいオフロード走行ですが、カーディーラーや四駆専門ショップが開催する走行会などもありますので参加してみてもいいかと思います。

オフロードコース走行するためにカスタマイズは必要か?

ノーマル車でもオフロードコース走行は可能です。より険しいコースや難しいラインを走行するためにカスタマイズをすることはありますが、カスタマイズしないとオフロードコース走行できないということはありません。

オフロードコース走行で車は壊れるか?

走行するコースとラインを考えて、ゆっくり車を動かせば壊れることはありません。ゆっくりと車を動かすということが大事です。

オフロードコース走行を楽しもう

びっくりするような坂やデコボコ道で、「こんなところを走れるの?」と思うようなところでも4WD車(四駆)なら普通に走行することができます。

また、アウトドアブームで4WD車を所有する人も多いかと思います。4WD車なら雨が降ったキャンプ場で地面がドロドロでも安全に移動できますし、急な坂を登ったところにあるキャンプサイトに行くこともできます。

オフロード走行を楽しみながら、4WD車が持つ走行性能を体感し、4WD車(四駆)ライフを楽しみましょう。

オフロード走行の参考図書はこちら↓

Fielder特別編集 四駆読本 (サクラBooks)

Fielder特別編集 四駆読本 (サクラBooks)

  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: Kindle版
 

 

 

四駆専用サイトがあるキャンプ場(桐の木平キャンプ場)

atelier-a1976.com

 

四駆専用サイトがあるキャンプ場(ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ)

atelier-a1976.com

 

オフロードコースがあるキャンプ場(早川長オートキャンプ場)

atelier-a1976.com