アウトドアとランクル・時々、仕事

日常をちょっとだけ楽しくおしゃれに。

MENU

【おすすめキャンプ場レビュー】朝霧ジャンボリーオートキャンプ場(静岡)

静岡県にある朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に行ってきました。都心から2時間強でアクセスできる、すごく広いオートキャンプ場です。また、キャンプ場受付までの一本道(ジャンボリーストリート)は富士山が見える撮影ポイントです。

f:id:gla22:20210226164106p:image

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

住所

静岡県富士宮市猪之頭1162-3

アクセス

東京から2時間程度

東名高速富士ICから約45分

HP

https://www.asagiri-camp.net/

時期

2月(冬キャンプ)

人数

2名(夫婦でキャンプ)

テント

ogawa(オガワ) テント シェルター ツインピルツフォーク T/C 3345

ogawa(オガワ) テント ロッジドーム ヴィガス [2~3人用] 2665

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場レビュー 

キャンプサイト

芝生のキャンプサイトです。電源サイトやプレミアムサイトは予約が必要ですが、それ以外はすべてフリーサイトです。広大なフリーサイトは大きいテントやタープを張ることも可能。ただし、ほとんどが傾斜のあるサイトです。平らなサイトを探すのは困難です。

トイレ

トイレはすべて水洗洋式トイレですが、広大なキャンプサイトに7個所しかありません。設営の際にはトイレがどこにあるのかを、事前に確認しておいたほうがいいです。

水場

地下180mからくみ上げた富士山の湧き水で天然バナジウムが豊富に含まれているとのこと。お湯は出ないので冬場はつらいです。

冬場は水道管が凍らないように水を少しだけ出しっぱなしにしないといけません。知らずに蛇口を閉めてしまうと翌朝、水が出なくなります。

お風呂

お風呂はないです。シャワーはありますが、使っている人はいないのでは?と思うぐらい汚いです。

チェックイン・チェックアウト

チェックイン:8:00~16:00 チェックアウト:8:00~16:00

※トップシーズンはチェックアウト:12:00まで。

余裕を持った撤収ができるのはありがたい。

2泊3日 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場でのタイムテーブル

1日目

8:30 出発

11:00 河口湖インターを降りて、フォレストモールのマックスバリュ富士河口湖店で買い物

12:30 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に到着・受付

13:00 設営場所をきめてまずはお昼ご飯

14:00 設営開始

14:30 設営完了・薪割りとか写真撮影とか散歩とかする。

16:00 火起こし、晩ご飯の準備

18:00 晩ご飯たべながら、焚火

21:00 寒さに耐えきれず、テントに避難。トイレに行くときに見る星空はすごい!

22:00 就寝

 

2日目

05:00 寒さで目が覚める。トイレに行く。テントのなかでウダウダ。

07:00 起床・朝ご飯

09:00 モバイルバッテリーのソーラー充電とか散歩、ぼーっと過ごす。

12:00 お昼ご飯・寒いのでテントの中で。そのあとはぼーっと。

15:00 薪割り。

16:00 焚火開始。

17:00 晩ご飯・焚火

20:00 私:寒くてテントに避難。相方:その間、星空撮影に没頭。

21:00 就寝

  

最終日

05:00 この日も寒くて目が覚める。トイレに行く。

07:00 起床・朝ご飯

09:00 撤収作業開始

    ・テント内の荷物を出す。

    ・寝袋の天日干し。

    ・使わない道具を車に積む。

11:00 だいたい片付いたので写真撮影。

12:00 お昼ご飯(カップ焼きそば)

13:00 最後にコーヒーを飲む。

13:30 積み残しがないかを確認して、ゴミ拾いして撤収。

※朝霧ジャンボリーオートキャンプ場はトップシーズン以外チェックアウトは16:00なのでノンビリ撤収ができます。

16:00 帰宅

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の魅力

  • とにかく広いオートサイト
  • 富士山が綺麗
  • 星がきれい

東京ドーム約8個分の広さのオートキャンプ場。サイトは区画なしのフリーサイト。大きめのテントやタープを他人の目を気にせずに使うことができます。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の残念なところ

  • 冬は風が強い日が多い
  • ほとんどのサイトは若干傾斜している
  • 富士山がよく見える場所は早い者勝ちで先客がいることが多い
  • キャンプ場の薪は細くて火持ちしない

残念なところを強いてあげるならば、こちらかな、という程度です。

注意点

富士山

どのサイトからも富士山が見られるというわけではありません。富士山がきれいに見られるサイトは早いもの勝ちなので、どうしても富士山を見ながらキャンプしたい場合は早めにチェックインしてください。

場内道路

未舗装路でデコボコしています。2駆の普通車でも大丈夫ですが車高が低い車は走行に注意してください。

キャンプ場の薪

キャンプ場で販売している薪は焚き付け用の薪です。焚火を楽しみたい方はキャンプ場に到着する前に薪を購入しておいた方がいいかと思います。

動物

野良猫がいます。キャンプ場からの出入りは自由ですが、外出中にゴミ袋をあさられることがあるので注意が必要。

似た名前のキャンプ場

近くによく似た名前のキャンプ場で「朝霧高原オートキャンプ場」があります。

間違えないように注意してください。

http://www13.plala.or.jp/asagirikougen/

写真スポット(インスタ映え)

ジャンボリーストリート

キャンプ場受付に向かう一本道(ジャンボリーストリート)

f:id:gla22:20200803155622p:image

 

 Iサイトからの富士山

Iサイト手前の場内管理上前からの撮影。

f:id:gla22:20200803155932j:image

 

Mサイトからの富士山

Mサイトから見える富士山。
f:id:gla22:20200803155940j:image

 

夜の星空
f:id:gla22:20200803155936j:image

 

また行く?

おススメの時期は1月から2月のオンシーズンです。料金が一番安く、キャンプ場も混んでいません。冬キャンプを存分に楽しむことができます。個人的にはふもっとっぱらより朝霧ジャンボリーのほうが好きです。これからもオンシーズンの1月、2月に朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に行くと思います。 

atelier-a1976.com